饅頭(まんじゅう)

饅頭(まんじゅう

お六饅頭

お六饅頭
お六饅頭

『六日町名物』と言えば、お六饅頭です。

沖縄多良間産の特級黒糖のみを使用した、しっとりモチモチした生地に、ことう特製の皮むきあんを入れました。
かくし味に、はちみつ・焼き塩などを入れ、しつこくない甘さに仕上げました。

今、地元はもとより沢山のお客様からご注文を頂いております、ことうのベストヒット&イチ押し商品です!!
お饅頭には"ちょっとうるさいぞ!"という方、是非一度ご賞味下さい。

お六饅頭

沖縄多良間産の特級黒糖

お六饅頭に使用している黒糖は、沖縄多良間産の特級黒糖のみを使用しています。

沖縄多良間産の特級黒糖 沖縄多良間産の特級黒糖

黒糖は、さとうきびの絞り汁を煮詰めて固めたものです。
精製を行わないため、色は黒褐色ですが、ビタミンB1・B2、カリウム・カルシウム等のミネラルや、たんぱく質・アミノ酸なども豊富に含んでいます。


皮むきあんとは

小豆の皮を取ってこしたあんです。
通常のこしあんより、なめらかでのどごしが良いのです。



お六饅頭の由来

大河ドラマ「天地人」主人公 直江兼続にちなんで

お六饅頭

六日町には、『お六甚句』という民謡があります。
歴史を紐解いてみると、戦国の昔、六日町には上田の庄の豪族・長尾一族の居城「坂戸城」がありました。
この城下に樋口与六という若者がおり、後に用いられて直江山城守兼続と名乗り、上杉謙信を助け、智謀の武将として名をはせました。
六日町の誇りとして、伝統のシンボルとして、兼続を慕う町民の熱情は今も変わりません。
そして戦後間もない昭和21年、『お六甚句』が生まれました。

若き日の兼続=与六(幼名)と、坂戸城主・上杉景勝の妹、桂姫との恋物語を軸に、しっとりとした六日町の風情を歌い込んだものです。
ことうの『お六饅頭』は、その民謡の主人公にちなんでつけられました。



原材料名

小麦粉・砂糖・小豆・黒糖・水飴・蜂蜜・澱粉・粉飴・餅粉・寒天・乳化剤・増粘多糖類・塩・クロレラエキス・カラメル



このページのトップへ